FC2ブログ
新潟漁釣会
新潟の釣りクラブ

新潟 釣り情報 ブログ

漁釣会

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の気配。
昨晩は連日の大雨も落ち着き釣行しようと道具を積み車を走らせる。

川へ行こうかと考えたが翌日が早いこともあり久しぶりに近場のポイントに入ることに。

ポイントに着くと予想通り増水しており、風向きもよくこの状況ならと期待する。

ルアーを投げて着水と同時に小魚がピチピチと跳ねる。

どうやらベイトはイナッ子とサヨリのようだ。

比率はこのポイントの範囲では7対3ぐらいでサヨリが多い。

水面を覆い尽くすベイト…
これだけベイトがいれば鱸のボイルのひとつあってもいいようだがそのような気配もない。

時合いがまだなのかと様子を見る。

その時、何やら船に荷物を置いていく人が。

まだ出航時間でもないのに怪しいなぁと思い声をかける。

何してるんですか?

あぁ。朝の便まで待ってるんだよ。とお父さん。

話を聞けば自宅で晩酌をしたら車が乗れなくなるからここに車を停めて1人で出船まで晩酌をしていたらしい(笑)

陽が昇る前に深海釣りに行くそうでサメが来なきゃいんだけどな~と言っている。

そこからは釣りの話が始まり酒が入っているせいか話が止まらない(゜Д゜)

結局1時間以上も話をしていた(笑)

まぁ全く知らない人との釣り談義は色々なことを学べるし自分も好きなので楽しかった。(^-^)v

その後は話をしている最中に風が止み、そして風向きが逆になった。

潮も止まりゴミやら、泡やら、クラゲの死骸やらが溜まっている(汗)
もともと水質はドブのようにかなり悪い場所だが(笑)
さて、最後にひと勝負。

ベイトの大半を占めるのはサヨリ。

こんな時はただサヨリの泳層となる表層をルアーで引いても鱸がバイトしてくる確率は(1/ベイトの数)となる。

それならばサヨリの群れの1つを意図的にパニック状態にして鱸をその群れに集中させれば確率は高まる。
まずはシンペンを投げボトムまで沈め、そこから多段ジャークで一気にサヨリをわざとパニックにさせる。
一回目無反応。

二回目…

ガボッ!

お!?

あれ?

ルアーの僅か数センチの真横の本物のベイトにバイト!

あちゃ~(T^T)

三回、四回と繰り返したが反応無し。

さすがにこの釣り方はスレが早いのかそれ以降は無反応。

こんな感じでこの日はぐだぐだな釣行になってしまった(泣)

by会長
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
会長さん こんばんは。
面白い釣り方ですね~新潟の海もこれからが本番なのかな?今回も楽しく読ませてもらってます。
2010/09/17 (金) 23:29:32 | URL | Megaceryle lugub #JalddpaA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/12/31 (金) 08:16:20 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/01/01 (日) 09:44:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/27(火) 07:43:20 |
copyright © 2005 新潟漁釣会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。