FC2ブログ
新潟漁釣会
新潟の釣りクラブ

新潟 釣り情報 ブログ

漁釣会

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月3日 魚野川釣行
魚野川に到着したが第一印象はこんなに流れが太く強い川なのか…
魚野川は初めてなので今日は増水しているのかすら分からない。
朝の時点では心配していた雪代はそこまで入っていない様子。
 
ナビの地図で地形を見てポイントを探す。
 
GWなのでかなりの人が入っているかと思ったがあまり釣り師は見当たらない。
 
それとも違う場所に好ポイントがあるのだろうか…
 
今日は増水しているのか濁りが入っているのか情報を聞くにも地元釣り師がいなければ話も聞けない。
 
こうなれば自分の眼力を信じるしかない。
まぁその方が自分の為にもなるので好都合なのかもしれない。
 
ナビで良さそうなポイントを見つけ行ってみる。
 
上流側に瀬があり瀬尻に小さい支流の合流点がある。対岸にはテトラが入っている。
 
水面には虫が盛んに飛んでおり水中の石を裏返して見ると川虫がいた。(すいません、虫の名前は勉強不足なので分かりません〓)
 
釣れる予感がする。
 
上流の瀬から攻めていき徐々に下っていく。
 
アップにルアーを撃ち、流しながらターンをかけたところで後ろから15センチぐらいのヤマメが追ってきてリアフックに触ったがフッキングとまではいかなかった(泣)
 
その後、合流点に着き対岸のテトラにクロスに撃ちダウンに差しかかった所でDコンを連続トゥイッチで誘うと…
 
あれ!?
 
根掛かりしたかな?
 
と思った瞬間にグングン!
 
ヒット!
 
でもリールが負けない(泣)
強い流れも加わり竿でテンションを保っているのがやっと。
 
竿先は上下にグングン踊っている!
 
この流れの中で走られたらもともこもないと思い、ドラグを調整しようとした瞬間。
 
フッ…
 
とテンションが無くなりバレてしまった(T_T)
 
少しの間、今のは何だったんだろうと考え込む。
 
その後、悔しさがこみ上げてきた。
 
気を取り直しキャスト。
 
対岸にはフライ釣り師がテトラの際に流しながら下っていた。
 
次はアップで攻めると二回チェイスはあるのだがバイトはしない。
 
それからは反応は無くなった。
 
同行者のRippleさんの所に行き状況を聞くと無反応らしい。
 
じゃあ一気にポイントを移動しようと車を走らせる。
下流から上流まであちこち探ったが時間だけが過ぎていった…
 
ある場所で地元の方らしき釣り師がウェーディングして流芯を攻めていた。
 
観察していると、こちらに気づいたので挨拶する。
 
どうですか~?と聞くと二匹バラしたとのこと。
川を挟みしばしその方と話をする。
 
今日は瀬に出てますよ!との情報を貰った。
 
ありがとうございます。
と挨拶を済ませその方と別れる。
 
残り時間はあとわずか。
 
よし。最初に反応があったポイントに戻ろうと車を走らせる。
 
ポイントに到着すると朝とは状況が変わっていた。
 
濁っている…
 
日中に気温が上昇したせいで雪代が入ったのである。
最初にバラした辺りを攻めるが反応が無い。
 
上流側の瀬を攻めるがこれまた反応無し…
 
戻ってみるとさっき私が撃っていた近くでRippleさんが15センチのヤマメを釣り上げた後だった!
 
ヒットルアーはスプーン。
 
その後、釣り下って行く。
瀬の中にDコンをクロスに投げ、ダウンに差し掛かった所でトゥイッチ。
 
グンッ!
 
待望のヒット!
 
釣り上げると綺麗なヤマメだった。
 
サイズは16センチ。
とりあえず魚野川本流で一匹釣り上げた。
 
元気に川へ帰って行った。
ボの字は脱出したとホッと一息。
 
 
続く。
 
 
by会長
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新潟漁釣会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。