FC2ブログ
新潟漁釣会
新潟の釣りクラブ

新潟 釣り情報 ブログ

漁釣会

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月7日 解禁日
この日は待ちに待った解禁日を迎えた川へ釣行。
 
できることなら日の出と同時に竿を振りたかったがポイントに着いたのは8時頃になってしまった。
 
車を停めて様子を見に行くと先行者が4人いた。
 
ここは諦めて違う所に移動しようかと思ったら1人こちらに戻ってきた。
 
おはようございます!
 
釣果はどうですか?
 
と話かける。
 
ダメですね~。
 
増水しすぎて魚の居場所が絞れないね~。とのこと。
他の釣り師の方も釣果は無いとのこと。
 
なるほど。確かに前に下見した時と比べたら明らかに増水している。
 
水温は5度。濁りはそこまで無い。
 
このポイントは先行者がいたこともあって少し上流に車を走らせる。
 
次のポイントは上流側に堰堤がありその下流側には瀬が続いている。
 
対岸に餌釣りの方が二人いた。
 
帰る準備をしている。 
 
よし、ここから釣り上がろう。 
 
淵を攻めたり反転流に撃ってみるが反応が無い。
 
期待していた堰堤の落ち込みも反応無し…
 
時計の針は午後の3時を回っていた。
 
よし、最初に行ったポイントに戻ろう。
 
着いたら釣り師は誰も居なくなっていた。
 
もうここしかない。
 
少し下流から釣り歩く。
 
ん!?
 
普段はあまり水量が少ない小川もこの日は増水の影響で勢いよく出ている。
 
この流れがぶつかって、ちょっとした合流点のようになっている。
 
ここに潜んでいるのか…
 
そう思いお気に入りのDコンを投げる。
 
ドリフトさせてここだ!と思った所で軽くヒラ打ちさせると…
 
 
 
グンッ!
 
ん?ゴミ?
 
じゃない!
 
ヒット!
 
流れに乗られてグイグイと竿が絞られる。
 
慎重にやりとりして手前まで寄せてきたらまた暴れ出した。
 
ばれるなよ~。
 
この言葉が口から出ていた(笑)
 
そして無事ネットイン。
 
 
これはニッコウイワナ?にしてはちょっと違うなぁ。アメマス?ですよね?
 
 
渓魚は難しい(汗)
 
サイズは尺ちょっと。
 
朝から釣り歩いてやっと出会えた。
 
この瞬間がすごく嬉しかった。これが渓流釣りの魅力なのだろうか。
今まで味わったことのない達成感だった。
 
その後は優しくリリースして元気よく帰って行った。
 
この日は先輩方が厳しいと言っていた条件の中での釣果だったので初心者の私には二倍の喜びだった。
 
本命の山女魚には会えなかったが大満足の1日だった。
 
 
by会長

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
会長さん こんばんは。
解禁から良い魚をキャッチできましたね!
苦労して釣ったほうが身になりますから、それで良いんです。(笑)

渓流の魚の見分け方は非常に難しいのですが、様々な場所で色々な魚を手にして目にする事でわかるようになると思います。
さて、今回の魚について、僕なりにご説明致します。
参考になればと思います。

まず、ニッコウイワナには黄色の着色斑点があります。
エゾイワナにはありません。
アメマスの定義は瞳孔よりも白点が大きい個体であり、降海したものを言うそうですが、新潟の沿岸部河川や佐渡の外海府の河川にいるイワナの降海型は、ニッコウイワナの降海型になる様です。僕も数回釣った事があります。

本来のアメマスは エゾイワナの降海型の事を言うのですが、一部の釣師達はニッコウイワナの降海型をアメマスと呼ぶ方もいらっしゃいます。

写真の個体も白点の大きさからいうとニッコウ系で間違いなさそうです。銀化している感じも見えますので降海型かもしれませんね、もし海に行ってる魚ならば背びれの先端が黒くなるはずです。ここで見分けると良いですよ。
2010/03/09 (火) 03:15:47 | URL | Megaceryle lugub #JalddpaA[ 編集]
Megaceryle lugubさんコメントありがとうございます。

さすがMegaceryle lugubさん。
私が釣り上げたのは降海型のニッコウ系なのですね。また一つ勉強になりました。

ご教授ありがとうございます♪

ホントに渓流の魚たちは見分けが難しいですね。
これからも苦労をしながら渓流釣りと付き合っていきます!


今までの釣りも苦労の連続でした。でも苦労してきた者だからこそ見えてくるものが多々あると私は思ってます。

思い出の一匹になりました。

これからも日々精進します。

これからもご指導よろしくお願いします!
2010/03/09 (火) 23:26:51 | URL | 会長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新潟漁釣会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。