FC2ブログ
新潟漁釣会
新潟の釣りクラブ

新潟 釣り情報 ブログ

漁釣会

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月22日 九頭竜川からその後
この日は福井県から帰ってきたのが昼過ぎ。

まだ九頭竜川の余韻が残っている。

取りあえず家に帰ってシャワーを浴び汚れた体を洗い流す。

さっぱりしたと同時に一気に疲れが出てきました。

しかし九頭竜川での遠征が納得のいかない結果だったのでリベンジということでRippleさんとホームの川へ向かう。

ポイントに向かう車中で、Rippleさんにイメージトレーニングするわ。と言いちょっとの時間、無になる。
まぁ寝てたんですけど(笑)
ポイントに到着。自然と体が反応して目覚める。

まずは下見。

やはりこの場所は落ち着くなぁ。

今日は水量があまり無い。濁りも無く水が澄んでいる。

さすがに2日間、徹夜に近い状態で竿を振っていたので疲れているのか足がおぼつかない(汗)

辺りが暗くなるのを待って入水。

キャストを繰り返しリトリーブしては水中の流れの変化を探す。

その変化している所にルアーを送り込んだ瞬間…

グンッ!

すかさずアワセを入れる。
下流側にいたRippleさんにきたよ~と声をかける。

バシャバシャ!

あまり引かない…

鱸なら小さいなぁ。

まさか、ウケクチウグイ!?

ヘッドライトを点けて確認すると、川鱸までは届かない川フッコ?

でもこのポイントで釣れたのでサイズ関係なしに価値ある一本で、私的には満足です!

メジャーで計測すると41センチ。

デジカメで写真を撮ったがピンボケ(泣)

撮り直そうとした瞬間!

バシャバシャっと暴れて元気に川へ帰っていきました(笑)

なので今回は写真がありません。

現認はRippleさんです。

ここで釣れる鱸は海で釣れる鱸よりも尾鰭が肥大しているように感じました。

この重い流れの中で生活するにはこれぐらいの尾鰭がきっと必要なのかな?

これは調査をしなければ。
今日釣れたのも傷1つない銀ピカで美しい川鱸でした。

それからアタリは無く、体力の限界がきたので納竿。

一応リベンジ達成!



九頭竜川で川鱸を釣らなきゃリベンジじゃないのか…
また機会があったら九頭竜川に足を運びたいと思います。

今日出会えた魚、このフィールドに感謝。

by会長
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます、会長さん。
九頭竜川まで行かれたのですか、頑張ってますね~!
シルバーウィークは仕事でしたので、釣には行けてません(笑) 
瀬で釣る鱸はまた格別に面白いのですが、バレも多いものですね。
昔は道具もよく理解できていなかったので大きいサイズには尽くフックを伸ばされてました。
会長さんのホームでの一発に期待して、楽しみにしています。
2009/09/25 (金) 09:21:47 | URL | Megaceryle lugub #JalddpaA[ 編集]
Megaceryle lugubさんコメントありがとうございます。
はりきって遠征したのですが私の腕では九頭竜川の瀬絡みの鱸には会えませんでした(泣)

ホームで一発ドカンと咲かせられるようにこれからも鍛錬して行きます。
目標はこの急流でランカーサイズをゲットすることです。

夢はメーターオーバーなんですけど(笑)
2009/09/25 (金) 23:16:33 | URL | 会長 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新潟漁釣会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。